ECサイトを楽天市場などの「モール」に出店するときには、どのような手順を踏まえて何をすればいいのか、そして注意点なども知っておく必要があります。そこで今回は、ECサイトを出店するときの流れを詳しくご説明し、さらに気を付けるべきポイントをご紹介します。

ECサイトをモールに出店する手順

それではまず、ECサイトを楽天市場などの「モール」に出店するときの手順について、ご説明します。

ECサイトの決済方法を決める

ECサイトをモールに出店するときには、事前に様々な準備をする必要があります。

まず「販売する商品」を何にするのか決め、「決済方法」を考えます。決済方法は、クレジットカード、コンビニ決済、銀行振込、代金引換といったいくつかの種類があります。中でもネットで多く利用されているのが、クレジットカード決済で、実にネットショッピングをする人の70%はクレジットカードを利用しています。

ですから、ECサイトを出店するのであれば、クレジットカードに対応していることが必須ともいえます。

ショップの開設サービスへ申し込み

色々な準備が整ったら、ネットショップを開設するための申し込みをしましょう。自分がネットショップを出店したいところを選んで、申し込みをします。

その後は、自身のショップの「ページ」を作り、集客できるようなデザインを決めて「お店」を作り上げていきます。商品に関しての情報のみでは、お客さんはなかなか集まりません。サイトがしっかりしていること、デザインが良いこと、見やすいことなども重要なポイントとなります。

ネットショップの構築ができたら、ここで初めてショップを開店することができます。公開したら、どんどん告知をしてお客さんを呼び込みましょう。

ECサイトを出店するときの注意点

それでは、ECサイトを出店するときに気を付けるべき点についてご説明します。

商品やお店の魅力をアピールできるページの作成

ECサイトは実店舗ではないので、ネット上でお客さんが「これ気になる!」とお店にきてくれても、魅力のある商品やお店ではなかった場合、すぐにそのページから離れてしまいます。つまり、お店のページこそがとても重要なポイントになるのです。

商品やお店の魅力を存分にアピールし、お客さんが留まってくれる、そして購入をしてくれるようなページを作ることを意識しましょう。

集客できるように工夫をする

サイトを立ち上げても、集客ができなければ黒字にさせることはできません。集客できるように工夫をしていく必要があります。その際に有効なのは、「SEO対策」とSNSなどを経由してショップに来てもらう方法などです。自分ができることから初めてみましょう。

まとめ

ECサイトは費用もあまり必要なく、手軽に始められるイメージがあります。しかし、しっかりと事前に準備をしなければ、思っていたような運営ができない可能性もありますので、気を付けましょう。出店の準備、流れをしっかりと確認して、よいお店作りをしていきましょう。

on