ECサイトを運営しようと考えたとき、「自社」で運営をするのか、それとも楽天市場などの「モール」に出店をするのか、この2つの選択で悩んでしまう人は多いです。実際に自分にはどちらが合っているのか、それぞれのメリットやデメリットなどを比較して、選んでみてはいかがでしょうか。

自社で運営をしてECサイトを立ち上げた場合

自社でECサイトを運営して立ち上げてやっていく場合には、どのようなメリットとデメリットがあるのか、ご紹介します。

自社で運営するメリット

自社でECサイトを運営して出店する場合には、とにかくランニングコストが低いというメリットがあります。モールに出店をすれば、モールを使うための費用がかかりますので、その分お金が必要です。

また、自社であればSEOやアフィリエイト、広告なども自分たちの好きなように使うことができますので、やりたいことをやりたいように進めていく!というタイプであれば、自社運営が合っているといえます。

自社で運営するデメリット

自社運営のデメリットとしていえるのは、とにかく集客をすることが難しくなります。また広告にも費用をかけることになります。自分たちでSNSなどを使って、どんどんお店をアピールしていくのが基本です。

また、サイトを構築するのがとても大変で、時間もお金もかかってしまうことがあります。ただ、規模により費用なども異なりますが、安価なASPを利用すればコストは削減できます。

ECサイトを楽天などのモールに出店した場合

それでは、楽天市場などのモールにECサイトを出店した場合のメリットとデメリットをご紹介します。

モールに出店したときのメリット

1番大きなメリットは、モールが持っている集客力の恩恵を受けることができるという点です。自社ではできないような集客力を持っているので、集客に不安がある場合にはモールから出店をするのがおススメです。

また、モールであれば申し込みをするだけで出店ができるので、とても簡単にECサイトを始めることができます。

モールに出店したときのデメリット

モールに出店をすると、サービスを利用したときの費用がかかります。また、同じような商品を販売するショップがたくさんありますので、競争も激しくなります。さらに顧客情報をモールで管理していますので、自ら情報を知ることができないというデメリットもあります。

まとめ

ECサイトを自社で立ち上げて運営するか、それともモールに出店するか悩んでいる人は多く、そのメリットとデメリットを知ることで、自分に合った方法を選ぶことができます。ここで紹介したメリットとデメリットをじっくりと比較して、どちらの方法で出店するかを決めていきましょう。

on