現代では、インターネットを使った仕事というのは、とても増えています。そんな中でも、多くの人がネットショップを利用したことがあるかと思います。最近では「ECサイト」という言葉をよく聞くことがありますが、いったいECサイトとは何を指しているのか、どんな意味があるのかと疑問を抱く人も増えています。そこで今回は、ECサイトの意味やどんな仕事なのかをご説明します。

ECサイトとは?どうやって運営する?

そもそもECサイトとは一体何なのか?その疑問をまずは解消しましょう。

ECサイトの意味とは?

簡単に言えば、ECサイトはネットのオンラインショッピングと考えていいでしょう。ちなみに「Electronic Commerce(エレクトロニック・コマース)」という言葉の略が、ECサイトです。

その意味は「電子商取引」というもので、パソコンなどを使って商品の注文をして、そこで売買ができるという「商取引」のことを指します。

ECサイトの運営方法とは?

ECサイトは、「自分で運営する」という方法か、大型ショッピングサイトに「出店する」という形で行う方法の2つから選ぶことができます。つまり、自社の運営かモールに出店する形かどちらかということです。ちなみに大型ショッピングサイトは、楽天市場やAmazonなどが有名で、そういった場所に出店させてもらう形を「モール型」と呼びます。

ECサイトではどんな業務がある?

それでは、ECサイトを運営するにあたって、どのような業務を行う必要があるのかご説明します。

フロントエンドの仕事

ECサイトでは、フロントエンドという運営の表に立って仕事をする人が必要になります。その中でも大きく分けて2つの重要な仕事があります。

まず「マーケティング」として、集客をする、商品の情報を発信する、SEO対策をするなどの仕事があります。2つ目は「マーチャンダイジング」という、商品の在庫管理や、価格の管理などをする仕事です。お客さんが、どのような意見を持っているのかという部分を見極める重要な仕事です。

バックエンドの仕事

ECサイトでは、バックエンドといういわゆる裏方で仕事をする人も必要です。「商品の登録」「総合管理」「受注と発注の管理」など、商品に関する必要な業務を行う仕事です。

まとめ

ECサイトでは、よく見かける大型ショッピングサイトの中で出店するモール型や、自分で運営をする自社型があります。また、業務内容もかなりたくさんありますので、まずはECサイトを運営するための基礎知識をしっかりと身に着けてからスタートさせる必要があります。

on